朝食があなたの体をむしばんでいます。 朝食を抜けば、慢性疲労も
 花粉症等のアレルギーも治ります。
 人間の誤った習慣のなかで最悪のものが朝食です。
 

【無料メールマガジン】
 <1日2食の健康革命> は 「まぐまぐ大賞」
 4年続けて部門賞を受賞したメルマガです。

 あなたのお手元にメールで最新の記事が届きます。 登録費・年間購読費
 すべて無料
。今すぐ登録を! (購読はいつでもやめられます)

  あなたのメールアドレス 
       『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか?』

サンマーク出版から
発売され、韓国語
にも訳されました。



 



目次

はじめに 〜 なぜこんなに疲れているのか?

体験記 〜 1日2食で慢性疲労がとれた!

第1章
疲れの原因は食事にあり
朝食を抜く
昼食、夕食の量を減らす
間食、夜食をやめる

第2章
疲れを取るには水を飲む
朝から昼までに水を飲む
食後3時間後に水を飲む
お茶ではなく水を飲む

第3章
これがあなたの体を疲れさせている食品だ
肉をやめる
魚をやめる
卵をやめる
牛乳をやめる
砂糖をやめる

第4章
これが疲れない食品だ
玄米を食べる
豆腐を食べる
青汁を飲む
 
第5章
1日2食健康法 成功の秘訣
それでもおやつが食べたい! そんなときはどうする
75点主義

コラム
一億総王侯貴族時代の悲劇
学校給食の罪
なぜ食べる、なぜ生きる

花粉症を治す

1日2食で花粉症が治る - 花粉症の根本原因と治療法

花粉症治療の真相を知る Q&A
薬物による体質改善をすすめられたが……
花粉症に効くガムやあめはよいものか  ほか


よくある質問

1日2食で太るのが心配です
午前中ボーッとしないのですか
夕食抜きの1日2食はダメですか
急激にやせたのですが大丈夫でしょうか


  このサイトについて(松井二郎)
ショッピング

おすすめ青汁

おすすめ食材一覧


小冊子『1日2食の健康革命』

  

CD 『1日2食健康法まるわかりセミナー』

DVD 『これが正解! 花粉症と一生サヨナラする方法』

    
 
 
 
1日2食健康法

はじめに 〜 なぜこんなに疲れているのか


 現代は空前の慢性疲労ブームだ。
 朝起きられない。いつも体が重い。日中の大半は睡魔と戦っている。年寄りの話ではない。10代、20代からこのような症状を訴える人が急増している。
 食事に気をつけているにも関わらずだ。3食キチンと食べ、栄養にも配慮している。なるべく多品目の食品を摂取するよう努めている。


 実はそれが慢性疲労の原因なのだといったら驚くであろうか。


 むりもない。これは人類がいま初めてぶち当たった問題だからだ。
 薬に副作用があるように、食べるという行為にも功の面と罪の面がある。この罪の面を、現代人はまだほとんど知らない。
 ひと昔まえまでは、食べるものそのものがなかったために、食べることの罪の面などは出てくるべくもなかった。
 ところが、戦後この状況は一変した。日本は、かつて人類が経験したことのない、食べ物にあふれ返った「豊かな」時代を迎えた。
 そしてたちまち罪の面が立ち現れた。
 ガンの急増、糖尿病など生活習慣病の増加、現代医学をもってしても原因不明の難病・奇病の出現、そして、老若男女を問わない日本列島あげての異常な慢性疲労の蔓延(まんえん)。
 これらはすべて食べ物が豊富になったのを境に起こっている。


 私たちは、食べ物は健康にとってプラスにこそなれ、マイナスのことが起きるとはゆめにも思っていない。
 「ためしてガッテン」に代表されるように、食品のプラスの面ばかり強調せられ、おそるべきマイナス部分についてはいっさい触れられない。
 これだけ食べ物が氾濫すれば、私たちは栄養失調になろうと思ってもなれるものではない。それなのに、いまだ戦後まもないころのように、やれタンパク質の補給にはこれを食べなければ、ビタミンもこれとこれをとらなければと血まなこになっている。そして極力、多品目の食品をバランスよくとろう、3食しっかり食べようと懸命の努力をしている。
 だから、体調が悪いのだ。


 なぜ、1日3食の食習慣が体に悪いのか。
 これから解説していこう。


1日2食健康法

体験記 〜 1日2食で慢性疲労が治った!


 かつて私は、24時間、極限まで疲れている最悪の慢性疲労人間であった。


 まず、朝が起きられなかった。目を覚ますと、体が鉛のようである。あまりの疲労で指一本うごかせない。うめきながらベッドから起きようとしているときが、一日のうちで最も疲れている。まともな気合いの入れかたでは起きられない。全身全霊を傾けてベッドから這(は)い出る。
 それから完全な寝ぼけまなこで支度(したく)をする。家を出るまで、頭はまったく働かない。家を出ても働かない。ときどき目を閉じながら歩いている。車にひかれそうになる。
 満員電車で会社に到着するころには、体力の限界に達している。倒れこむようにデスクにつく。そこで、コンビニで買ってきた朝食をとる。少しでも栄養をつけようと、おにぎり、サンドイッチ、ドリンクヨーグルトというメニューである。
 食べながら、パソコンの電源を入れ、起動を待つ。画面が出る。その瞬間、目が極度の疲労を訴え、画面から顔をそむける。ああ、このパソコンの画面をこれから一日じゅう見つめねばならないのか。悪夢のようだ。はやく終業の時間になれ、とそれだけを念じている。まだ朝9時である。
 仕事は、主に睡魔と戦うことである。著しく低い能率で、なんとか一日を勤めあげる。午後5時くらいになると、ようやく頭が少し働くようになる。今日も残業をして、仕事を一気に片づける。
 体力の限界をとうに越え、体を引きずるように帰宅する。一刻も早く寝ることだけを考えている。1分でも多く睡眠時間がとれるよう、遅刻ギリギリに目覚ましを合わせる。そしてようやくベッドにすべりこむときが一日のうちで唯一幸せな時間で、このまま朝がこなければいいと考える。やがて意識を失うのだが、あっというまに朝の目覚ましが鳴る。疲れは、まったく取れていない。


 この疲労は、高校生のころからヨロイのように全身にまとわりついていた。
「一生こんなふうに生きていくのか。この体にこびりついたような疲れは、もう取れないのか。こんなことで、このさきどうやって生きていくのか」
 健康診断をしてもどこにも異常がない。血液検査もどの数値も正常範囲内。この状態は高校生から続いていた。そしておそらくもう、死ぬまでこのままなのだろうと思っていた。


 それが治ったのである。
 治療に要した日数、わずか5日。治療費、0円。
 それが、これから紹介する1日2食健康法なのである。


「朝食を抜けば、慢性疲労が治る」
 書店でたまたま見かけた本に、ワラにもすがる思いでかけてみた。
 1日目。まずは、その本の指示通り、朝食を抜く。そのかわりに水を飲む。起き抜けに水を飲む習慣は以前から続けていたが、この日から多めに飲むようにした。
 会社へ。「おにぎり、サンドイッチ、ドリンクヨーグルト」のかわりに、180ミリリットルの野菜ジュース1本にする。朝食を抜いたら頭が働かないのではないかと危惧したが、なに、いつも働かないので変わりなかった。昼食、夕食も、指示通りいつもの8割の量ですませた。1日目終了。まだ体調の改善はみられない。
 2日目。朝はやはり地球の重力にさからえない(ベッドから起きられない)。この日も、きのうと同じように過ごす。
 あくる朝である。疲労は、まだかなりあったが、ベッドから起き出すときにほとんど労力を要しなかった。これには驚いた。がぜんやる気がでてきた。朝食がわりの野菜ジュースもやめ、完全に水だけに変えた。それまで手洗いに立つたびに出していた、重たい鼻水や痰(たん)があきらかに減った。


 そして5日目の朝である。私は、高校生以来かつて経験したことのない爽やかな目覚めを感じていた。あれほど体にまとわりついていた疲労が、ヨロイがぬげてしまったかのように取れていた。ベッドから、スッと起きた。窓の外を見た。陽光がまぶしい。愉快になった。きのうまでの自分と別人の自分を感じる。さっそうと出勤する。体が綿のように軽い。こんでいるエスカレーターをさけ、階段をつかった。疲れない。一段とばしに駆け上がってみた。疲れない。パソコンの前に座った。画面を見た。疲れない。
 われながらウソのようであった。なんだ。みんな、こんな体調で生活していたのか。今まで私は、ふつうの人とはかなり違った健康状態で生きていたのを知った。笑ってしまった。
 まもなく迎えた春には、小学生のときから苦しんでいた花粉症さえ、ほとんど症状が出ずにすんだ。


 朝食を抜くことによる空腹はほとんど感じなかった。頭の回転が日に日によくなってきた。以前は夕方5時にならないと働かなかった頭が、起きた瞬間から働くようになった。鼻水や痰がほとんど出なくなった。気になっていた口臭がピタリとやんだ。かぜもひかず、あの悪夢のような朝の疲労も二度と戻ってきていない。
 それから私は、さらに食事の内容にも目をむけていき、疲れ知らずの体を手に入れていった。自分の意思で疲労を完全にコントロールできることを知り、その方法も心得た。このような食事内容なら、これくらいの疲労度になるな、と分かるようになった。


 慢性疲労は誰にでも克服できる。食に関する誤った常識を修正し、ほんの少し正しい知識を得て実践するだけでよい。
 このサイトには、私が健康を取り戻すために実践したポイントの中のポイントを網羅してある。
 疲労の原因は食事である。なかでも最悪なのが朝食である。原因が分かれば結果を変えられる。体調に振り回されるのでなく、体調を完全に自分の管理下におけるようになる。
 それまで疲労の奴隷だった人も、疲れを征服し、自分が人生の主人公になれる。主従が正常な状態に交代するのだ。これは楽しい。長年、疲労の奴隷だった方は、全快したときの気分は最高であろう。好きなだけ体を動かせるから、どんどん自信がついてくる。人生を大きく変えていくことができる。


 正しい食生活を知り、健康を取り戻し、人生の目的達成に向かわれる方が一人でも増えられることを願ってやまない。




第1章 疲れの原因は食事にあり





[ 1日2食健康法 トップ | 無料メルマガ「1日2食の健康革命」 ]


1日2食健康法

ご感想はメールマガジン <1日2食の健康革命> をご購読のうえ
メルマガに返信するかたちでお寄せください。(メルマガ誌上で
コメントさせていただくことがあります)

著作権法により記事の無断転載は禁じられています。
Copyright 2shock Net. All rights reserved.